BNK48オーンは韓国が好き?うつ病や自殺未遂など悲しい過去も告白!

BNK48オーン タイ

BNK48のオーンさんは、

とても美しい容姿ですが、

過去には親の離婚、自殺未遂などの辛い経験をしてきました。

今回は人気があって可愛いオーンさんについて、

ニックネームの由来、韓国との関係、好きなもの、過去の経験などを調査してみました!

新着記事(翻訳)
人気記事ランキング

オーンさんのWiki風プロフィール

 

View this post on Instagram

 

ดีใจมากๆเลยที่ได้ขึ้นงานขาวแดงค่ะ เป็นเวทีที่ยิ่งใหญ่มากเวทีหนึ่งที่ญี่ปุ่น ที่สำคัญได้เต้นข้างๆรุ่นพี่ AKB48 และก็ได้ใส่ชุดใหม่ด้วยล่ะค่า ~ มีความสุขสุดๆเลยย ~ ♥️😊 紅白に出演させて本当に嬉しかったです。日本のすごく大きなステージで先輩の隣踊れました!新しい衣装も着ました!幸せでした。 ⚪️🔴 #NHKkouhakuutagassen #Japanesehairandmakeup #OrnBNK48 #BNK48

Orn BNK48さん(@orn.bnk48official)がシェアした投稿 –

名前:パッチャナン ジアジラチョート(Patchanan Jiajirachote)

名前(タイ語):พัศชนันท์ เจียจิรโชติ

ニックネーム:オーンウン、ウン、メーオーン、オーンメートゥックサターバン

生年月日:1997年2月3日(年齢22歳)

出身地:バンコク

血液型:O型

身長:165cm

好きなもの:猫、アザラシ、ファッション、メイク

好きな色:水色

好きな食べ物:チョコレート

嫌いな食べ物:ねぎ

長所:トーク力

短所:黙っていると顔が怖いこと

子供の頃の夢:モデル

学歴:Chanapatana International Design Institute

特技:ベース

趣味:寝ること、読書、猫と遊ぶこと

Instagram:orn.bnk48official

Facebook:@bnk48official.orn

オーンさんのプロフィールは分かりやすいですね。

ニックネームや彼女の経歴などを紹介していきたいと思います。

『RIVER』でセンター

【MV Full】RIVER / BNK48

BNK48の楽曲『RIVER』でセンターを務めました。

ニックネームの由来は?

「オーンウン」の「ウン」には、アザラシという意味があります。

顔がアザラシに似ていることから、このニックネームになりました。

「メーオーン」の「メー」には、母親という意味があります。

グループの中では大人っぽいため、他のメンバーからこう呼ばれることがあります。

「オーンメートゥックサターバン」も似たような意味です。

BNK48加入前から芸能活動

Pure Ekkapan – ทุกหนทาง | EVERYWHERE [Official Music Video]

2014年に、タイの歌手・Pure Ekkapanのミュージックビデオに出演しています。

当時、オーンさんは韓国の男性アイドルグループである

「スーパージュニア」のメンバー・キボムさんのファンでした。

アイドルを目指していたオーンさんは、

韓国の有名芸能事務所「SM Entertainment」のオーディションを受けます。

そのオーディションには落ちてしまいましたが、

韓国の他の事務所のオーディションには受かったそうです。

ところが、普段は放任主義の父親に、

「もし韓国に行くなら、自分(父親)も一緒に行く」

などと言われてしまいます。

あまり賛成ではない態度を感じ取ったオーンさんは、

韓国に行くのを諦めました。

父親の発言がなければ、

今頃、韓国の芸能界で活躍していたかも知れませんね。

韓国や韓流スターが好き?

プロフィールなどでは書かれていませんが、

先ほど紹介したように、

過去には「スーパージュニア」のメンバー・キボムさんを好きで、

韓国のアイドルオーディションを受けています。

また、タイのネットでは、

現在のオーンさんのファッションやメイクについても、

韓国風のファッションだと言われていることから、

韓国の芸能界やファッションから少なからず影響を受けているようです。

親の離婚

オーンさんはあるインタビューで親の離婚について、

また、うつ病・自殺未遂をした過去について告白しています。

オーンさんが小学校2年生の頃から、

両親は別居するようになりました。

後で分かったことですが、

両親はオーンさんが生後3ヶ月の頃に、

すでに離婚していたのです。

離婚した後も両親が一緒に生活していたのは、

幼いオーンさんのためでした。

オーンさんは、

小学校2年生の頃から母親と暮らすようになります。

ただ、

それまで毎日のように喧嘩する両親を見ていたオーンさんにとって、

両親の別居は、それほど辛いことではなかったそうです。

その後、オーンさんが小学校高学年になると、

今度は新しい女性と再婚した父親のもとで暮らすようになります。

再婚した女性(新しい母親)は、オーンさんに、

自分のことは自分でできるよう、たくさんのことを教えてくれました。

うつ病、自殺未遂

オーンさんが中学生の頃、

両親が再び離婚します。

さらに、父親が海外で働くことになりました。

しかし、海外に行きたくなかったオーンさんは、

父親と一緒に海外に住むことを拒否します。

そこで、父親は、

部屋を借り、オーンさんがタイで一人で生活できるようにしました。

最初は一人暮らしを楽しんでいたオーンさんでしたが、

他の友達が親に送り迎えされている光景や、

自分だけ参観日に親が来ないこと、

帰ってもひとりぼっちで寂しい部屋に耐えかねず、

うつ病になってしまいます。

高校生の頃には、自殺未遂までしたそうです。

 

以上、

今回はオーンさんが韓国好きなところ、

過去に辛い経験をしていることなどを紹介しました。

参考:trueplookpanyathestandard

コメント