日本人がGoogleEarthで実家を見たら「写ってたもの」にネット民が感動して号泣!【タイ人の反応】

Nintendo Switch Lite ターコイズ
楽天ブックス
¥ 21,978(2021/01/04 17:04時点)
スマホを見て悲しい顔をする女性(泣く)反応
https://www.pakutaso.com/

日本のTwitterで「コロナでやる事ないからGoogleEarthで実家見に行った」が話題になっていたことがタイでも紹介されていました。感動して泣いてしまったり思い出を共有する日本のネット民を見たタイ人の反応をまとめました。

新着記事(翻訳)

日本人がGoogle Earthで7年前に亡くなった父親が母親の帰りを待っている姿を発見!

新型コロナウイルス感染拡大防止のために自宅で過ごす時間が増えたので、家で退屈しのぎをする方法を模索する人が増えているようです。

今日は、暇つぶしになんとなくGoogle Earthで実家を見に行ったツイッター民の投稿から生まれた微笑ましい連鎖を紹介します。

ある日本のツイッター民は、「コロナでやる事ないから」とGoogle Earthで実家周辺を見に行くことにしたのですが…

「Google」に関する海外の反応

日本人がGoogleに頼りすぎた結果!凍死しかけて話題に!【台湾人の反応】 | 海外の反応アンテナ
日本のTwitterで話題になっていた家電を全てGoogle Homeと連携していたために、暖房をつけることが出来ず凍死しかけたというエピソードが台湾でも紹介されていました。Huaweiのスマホで助かったというオチがどうしても納得できない台湾人の反応をまとめました。
外国人「日本人が各都道府県に抱くイメージをGoogleで調べた結果!」【タイ人の反応】 | 海外の反応アンテナ
海外のTwitterで話題になり、日本のネット民も少し反応していたGoogleのオートコンプリート機能を利用して調べた「日本人が各都道府県に対して抱いているイメージ」がタイでも紹介されていました。日本人が各都道府県に対してどんなイメージを持っているのかを見たタイ人の反応をまとめました。
日本のGoogleで「手を洗うところ」で検索した結果が鬼畜すぎると話題に!【台湾人の反応】 | 海外の反応アンテナ
Googleで「手を洗うところ」で画像検索すると、とんでもない検結果が表示されると話題になっていたことが台湾でも紹介されていました。あまりにも鬼畜すぎるGoogle先生の検索結果を見た台湾人の反応をまとめました。

コロナでやる事ないからGoogleEarthで実家見に行ったら…

ツイッター民「タムチンキ (@TeacherUfo) 」さんが、GoogleEarthで実家を見に行ったところ、なんと7年前に亡くなった父親が家の前に立っている姿が写っていたのです。

さらに拡大して周辺をよく見ると、家の前に続く道を歩いて帰宅中の母親の姿も確認できたそうです。

父親はきっと家の前で一服しながら母親の帰りを待っていたのでしょう。

ツイートは、「無口だけど優しい親父だった。このままこの場所の写真更新しないで欲しいな」という文章で締めくくられています。

このツイートは11万回以上リツイート、70万回以上いいねされ、この写真を目にした他のネット民たちは、何ともいえない温かい気持ちになったようです。

次々にGoogle Earthなどで自分の実家や祖父母の家などを確認し、リプライ欄で報告を始めました。

日本のネット民のコメント

Google Earthやストリートビューには、見たい場所の風景を確認する以外にも、誰かにとって大切な思い出を保存するという機能もあるのですね。

新着記事(NEWS)

タイ人の反応

私は5年前に母親を亡くしたけど、母親の昔の姿がまだ頭の中にはっきり残っていてとても悲しくなるよ。

記事を読んで涙が出てきたよ。僕の父親も7年前に亡くなったんだ。

私も亡くなったお婆ちゃんが恋しくなってGoogle Earthを開いたことがあるよ。軒下で臼と杵を使って調味料を作っている様子が写っていたけど、はっきり見えなかった。亡くなってから1年と26日が過ぎた今も、お婆ちゃんのことを思い出すたびに涙が溢れてくるんだ😢

3年前に亡くなった親父に会いたいんだけど、どうすれば見られるの?

庭で洗濯物を干している自分の姿を3〜4年前に見つけて、さっきもう一度見てきたけどまだ更新されずにそのままだったよ。

これは泣けるなぁ。

僕も亡くなった父親の姿や父親が乗っていた車を見つけて涙ぐんだことがあるよ。

SNSのタイムラインに「〇年前の今日」の投稿が表示されるたびに、昔色々な所に遊びに行ったのに自分の写真をSNSにあまりアップしていなかったことを後悔しているよ。SNSの投稿は他人に見せるためというよりも、大切な思い出を記録するダイアリーのようなものといえるかもね。

私は友達にタグ付けでもされない限りあまり自分の写真をSNSに投稿することがなかったけど、これからは記録のためにどんどん投稿することにするよ。

パソコンの中にフォトブックとして保存しておくのが一番だよ。私生活を詳細にSNSに投稿するのは安全とは言えない時代だからね。

庭のいつもの定位置に座っている父の姿を見るたびに幸せな気持ちになって笑みがこぼれちゃうんだ。大好きだった父は3年前に亡くなったよ。

こんな姿を見たら涙が止まらなくて大変なことになっちゃいそう 😢

私の父が庭で新聞を読んでいる姿も更新されないで欲しかったなぁ😐

パソコンなら過去の写真も見ることができるよ。

ストリートビューは年に1度の更新なの?

場所によるよ。

ストリートビューを過去にさかのぼって見ていたら4年前に亡くなったお婆ちゃんが家の前にしゃがんでいる姿が写っていたよ。

私も家の前にしゃがんでいるお婆ちゃんを見つけた!
お婆ちゃんは7年前に亡くなったけど、今でも毎日恋しく思っているよ。

そのうち古い写真は全部消えて、新しい写真に置き換えられてしまうんだろうね😢

私も何か見つけられるかな、と思ってGoogle Earthをダウンロードしたけど、画像がぼやけすぎで先進国の街みたいにはっきり写ってなかったよ🤣

新型コロナウイルスの第2波以来まだ実家に帰れていないんだ。もどかしくてたまらないよ。

僕の父親は17年前に亡くなったよ。でも、今でも父親のことを思い出すたびに涙が溢れてくるんだ。

今、この人はもうこの世にいないんだ…ということを思い知らされるような気がして、嬉しいというよりも余計に辛くなっちゃうよ…。

その人がまだ生きていた時、その人に良いことをしてあげられなかったことを思い出すとさらに辛いよ。僕は小さい頃、田舎の祖父母の家に預けられていて、そこには持病のある叔母も住んでいたんだ。僕はその叔母にとてもかわいがられて育ったんだけど、5年前にバンコクに住むようになってから叔母のことを疎ましく思うようになってよく感情をぶつけていたんだ。叔母は1年前に腎不全で亡くなったけど、毎晩のように夢に出てきて、そのたびに僕はどうしてあんなに優しくしてくれた叔母に酷いことをしてしまったんだろうとたまらない気持ちになるんだ。

気づくのが少し遅かったかもしれないけど、気づけて良かったじゃないか。叔母さんはきっと分かってくれていると思うよ。どうかあまり悩まないでね。

世の中の出来事は、全部そうなるようにできているんだよ。全て起こるべくして起こったこと。それに気づかなければ不幸に、気づくことができたなら不幸からは逃れられるんだ。

僕は6年前に亡くなった愛犬と再会できたよ。

記事の内容よりも、日本は住宅地の中の細い道までが整然としていて、バンコクの大通りよりもよっぽど綺麗だということに驚いて感心したよ。

世界中のみんなの思い出を集めて保管してくれているGoogleに感謝しなきゃね。

彼らはそこにはもういないのに、なんだかとても温かい気持ちになれるよね。

私も見たいけど、余計恋しくなってしまいそうで怖いんだ。

僕も見たいけど、そこに写っているものを見ると動揺してしまいそうで見にいけないよ。

ストリートビューを見に行ったら、歩道をバイクで走っている自分の姿が写っていたよ。こういうのを見たかったんじゃないんだけど。

子供のときに過ごした場所を見に行ったらとてもドキドキして嬉しい気持ちになったよ。でも、なんだか悲しさもこみあげてきちゃうね。

今はもう手放してしまった愛車に乗っている私が、窓から顔を出して近所の人と話している姿を見つけたことがあるよ。

嬉しさと同時に悲しさもこみあげてきて、何とも形容しがたい気持ちになるんだろうな…。

僕も5年前に亡くなった父が映っているのを見つけたけど、まだ母には教えていないんだ。父の姿を見た母がどうなってしまうか分からないから。

私にはこんなこと、ナイフで自分の心臓をえぐるようでとてもできないよ。大切な人を失った悲しみからやっとここまで立ち直れたんだから…。

僕は昔住んでいた家の周辺をよく見に行くよ。とても懐かしい気持ちになるよね。

私は、両親が庭で孫と遊んでいる姿を見つけたよ。こんな姿が見られることはもうないんだと思ったら涙が溢れてきちゃった。父が亡くなってから5年。残された母は地方に一人暮らし。あぁ、父と母が恋しくてたまらないよ😢

みんなのコメントが胸に突き刺さるよ。

感動的な話だけど、Googleは7年以上も更新していなかったの? ラヨーン県の工場地帯のマップでさえ更新されていて、昔あった防犯カメラが今は取り外されていることが分かったっていうのに!

パソコンでは指定した年のストリートビューが見られるんだよ。

知らなかったよ。どうもありがとう!

僕は子供の時に住んでいた家をよく見に行っているよ。売却されてしまった家を見るたびに切ない気持ちになるんだ。

分かるよ! 昔住んでいた家を見ると幸せだったころの思い出がよみがえってくるんだよね。

僕も同じだよ!

僕も5年前に亡くなった伯母さんが洗濯物を干している姿を見つけたことがあるよ。

私の父は、片方の靴を履いて、もう片方を手に持った姿で映っていたよ。認知症だったんだ。

僕が生まれたカンペーンペット県の実家はまだそのまま残っていたよ。でも、かなり老朽化していたし、家の周囲に至ってはほとんど思い出せなかったなぁ😅

私もGoogle Earthで実家を見に行ったことがあるよ。6年前に亡くなった母の服が干されているのを見て涙が止まらなかったよ。

父の実家に続く小路から家の方を見た時には家の前に立っているお婆ちゃんの姿が見えたのに、家の前まで行くと誰もいなかったときはGoogle Earthにからかわれたような気分になったよ😢

亡くなったお爺ちゃんが庭で縫い物をしている姿が目に入ったときには涙が止まらなかったよ😢

家の近くの道を8年前に亡くなった母が歩いているのを見つけたときは母のことが恋しくてたまらなくなったなぁ。

ชาวญี่ปุ่นย้อนกลับไปดูบ้านตัวเองบน Google Earth เจอพ่อที่เสียไป 7 ปีก่อนยืนรอแม่กลับบ้าน

コメント

  1. 数年後に再び見ると、写真の人物が更に年を取ってたと言うオチが…

  2. へぇ〜と思って、俺も長らく帰ってない実家をストリートビューで見てみたら
    見た事もない家が建ってた
    建て替えしたんなら教えといてくれよ

  3. うちの家族はみんなインドア派だから
    こういう奇跡はけっして起こらないだろうな…

  4. 自宅アパート見てみたらクビになった会社の作業着が干されてるのが写ってた、干されてクビ、ほっこり