日本の「時代を先取りしすぎた発明」が海外で話題に!日本では1980年代にコレが発明されていた!【タイ人の反応】

Nintendo Switch Lite ターコイズ
楽天ブックス
¥ 21,978(2022/06/28 18:48時点)
自撮りする美少女 反応
https://www.pakutaso.com/20191158315post-24140.html

海外のX(旧Twitter)で話題になっていた「日本が時代を先取りしすぎていた発明」がタイでも紹介されていました。いまでは多くの人が当たり前のように使っている商品が40年以上前に日本で発明されていたことを知ったタイ人の反応をまとめました。

新着記事(翻訳)

時代を先取りしすぎていた日本の発明

海外のX(旧ツイッター)で「日本が時代を先取りしすぎていたこと」の証明となる画像が投稿されていました。

80年代から90年代にかけて、日本では常識を超えた発想と着眼点から生まれた日常生活では役に立たない発明が次々に誕生し、「珍道具」と呼ばれました。

この発明もそんな珍道具のひとつです。

「発明」に関する海外の反応

日本の「星空を邪魔しない照明」が素晴らしい発明、凄すぎると大絶賛!【タイ人の反応】 | 海外の反応アンテナ
パナソニックが開発した夜空に光が漏れない「星空を邪魔しない照明」がタイでも紹介されていました。日本ならではの素敵な照明を「素晴らしい」「タイにも設置したい」と絶賛するタイ人の反応をまとめました。
日本の小学生が考えた絆創膏が「天才過ぎる」と大絶賛!【タイ人の反応】 | 海外の反応アンテナ
日本のX(旧Twitter)で話題になっていた「小学生が考えた絆創膏」がタイでも紹介されていました。どうして思いつかなかったんだろうと語り合うタイ人の反応をまとめました。
日本のニトリのクリスマスツリーが「発想が天才すぎる」と話題に!【タイ人の反応】 | 海外の反応アンテナ
日本のX(旧Twitter)で話題になっていた「ニトリのクリスマスツリー」がタイでも紹介されていました。発想が天才すぎると話題になっていた日本のクリスマスツリーを見たタイ人の反応をまとめました。

楽しい事実。
1995 年に出版された「役に立たない」日本の発明品を集めた本の中に、自撮り棒が載っていました。
1980年代初頭に最初に発売されたとき、このスティックは「エクステンダー」という製品名で、リモートシャッターボタンも含まれたキットの一部として販売されていました。(訳注:Xの翻訳をコピペしています)

日本ではなんと1980年代に遠隔操作できるシャッター付き自撮り棒が発明されていたのです。

X(旧ツイッター)ユーザー「Massimo (@Rainmaker1973) 」さんが投稿した画像は1995年に「Useless INVENTIONS(無駄な発明品)」としてアメリカの雑誌で紹介された時のものです。

当時はまだスマートフォンのような便利なものがなく、自撮り棒をフィルムカメラに付けて使わなければならなかっため、誰も使う人がいませんでした。

自撮り棒が「ヒット商品」となったのはその20-30年後のことです。

この投稿は4千回以上いいねされ、日本のネット民からもコメントが寄せられていました。

日本のネット民のコメント

新着記事(NEWS)

タイ人の反応

昔はセルフタイマーを使う人の方が多かったよね。

フィルムカメラが主流だった時代にもタイマー付きカメラがあったの?😲

僕はフィルムの時代からデジタルの時代にかけてプロ用のカメラからコンパクトカメラまで色々な種類のカメラを使ってきたけど、タイマー付きフィルムカメラなんて見たことないよ😅

タイマー付きカメラも便利だけど、自撮り棒は画期的発明だったと思うよ。三脚を使う必要がないんだから。

素晴らしいけど、実際に日本人が自撮り棒を使っている姿を見たことがないよ。使っているのは観光客だけ。きっと日本人はこれを使うのが恥ずかしいんだろうねwww

日本人は自撮り棒を使うと他人の迷惑になると思っているんだよ。だからあまり使う人がいないんだ。

自撮り棒は邪魔になるからね。自撮り棒を禁止にしている場所もあるし。日本人は他人に迷惑をかけるような行動をしないんだ。

水族館で、自撮り棒を持った中国人が入館を禁止されているのを見たよ。日本は本当に厳しいよね。

昔のカメラにはプレビュー機能がついていないから自撮り棒を使ってうまく撮影できているかは現像するまで分からないよね。そりゃあ意味のない発明だと言われるのも納得できるよ。

自撮り棒は珍道具とは言えないんじゃない? 珍道具は発明したけど売れないものじゃなくて、ウケを狙ったユーモアのあるものじゃなければならないから。例えば太陽光発電式の懐中電灯とか。昼間に懐中電灯を使うなんて無意味で面白いでしょう? 珍道具とはそういうものじゃなきゃ。

あの時代のコンパクトカメラには手ブレ防止機能やオートフォーカス機能が搭載されていなかったから、今のスマホで自撮り棒を使うのとは違って、9割以上の確率でうまく写真が撮れなかっただろうね。カメラマンがいない場合は三脚を使うしかなかったんだよ。

フィルムカメラは撮影した後すぐに写真を確認して撮りなおすことができないからね。現像した後フィルム1本全部ブレていたらショックすぎるじゃないか。

フィルムカメラはのぞき穴(正式名称はわからないけど)が付いているだけで、デジタルカメラのようなプレビュー画面がなかったからね。自撮り棒を使う時は感覚に頼るしかないし、写真がうまく撮れているかどうか現像するまでわからない。昔はカメラもフィルムも決して安くなかったから、こんなのは無駄な発明だと言われたのも理解できるなぁ。

ビューファインダーだね。でもファインダーを覗いて確認したからといって確実に綺麗な写真が撮れるわけじゃない。だからデジタルカメラの時代にはEVFやLCD画面が使われるようになったんだ。

ある時代に無駄だと思われていたものが、別の時代には当たり前に有効活用されるようになることがあるという良い例だね。

この雑誌、欲しいw

何十年経とうが、僕にとってイケてないアイテムだということには変わりないよ。

時代を先取りしすぎるのは決して良いことじゃないよね。何でも時と場所次第だよ。

昔、珍道具や珍発明をとりあげたテレビ番組があって、どうしてこんなのを思いついたんだろう!とびっくりしながら見ていたのを思い出したよ。

発明には時代や場所も重要なんだね。

日本人は素晴らしいアイディアを持っているけどマーケティングは上手じゃないんだよね。良いものを作っても、中国みたいに宣伝してヒット商品を生み出したりしないんだ。例えるならばマイクロソフトやアップルが成長する前のIBMみたいなものだよ。

さすが日本。常に時代の最先端を行ってるね😂

今度この方法を試してみようかな?🤣

日本の自撮り棒は僕と同じぐらいの年に生まれたんだね。

被写体がフレームアウトしていても分からないのが問題だよね。

だから当時は無駄な発明だと思われていたんだろうね。

角度や距離から推測して感覚や運に頼っていたんだろうね。

あと20-30年もすれば私の人気が爆発するかもしれないということかな🤣

こんなに昔から発明されてたなんて初めて知ったよ。

未来を先取りしてる!

時代を先取りと聞いて思い出すのは任天堂のバーチャルボーイだねw

ญี่ปุ่นล้ำมากกก แต่เร็วไปหน่อ

コメント

  1. タイマー付きフィルムカメラは普通にあっただろw

    • ジーって音がするのな

    • 同感。まあもしかしたらタイは違うのかも知れんけど。

  2. 80年代には普通にコンパクトカメラにオートフォーカス機能があってシャッター切るだけでピンボケしない写真が撮れる時代になってた
    キヤノンのオートボーイっていうコンパクトカメラのヒット商品があってだな(以下略
    当時のタイのカメラ事情がどうだったかはさすがに知らんが

  3. 三脚とタイマーでセルフショットを撮っていたのが普通だったけど、三脚を用意していない場合、誰か通りすがりの他人にお願いしてシャッターを推してもらった。
    観光地ではよく見るシーンだったよね。
    すみませーん。ちょっとシャッター押してもらってイイですか?

  4. ※5
    週末長崎県の小長井町に行ってごらん
    自撮り棒を掲げた日本人をたくさん発見できるぞ

  5. 三脚なしで他人に頼まず背景にも妥協したくない人に。
    ない場合は背景など選ばずベンチやらテーブルやら
    どこか乗せられるロケーションで何とか乗り切るだけ。

  6. 頭が良すぎたんだろうね。

  7. 昔の日本人の発想力と今のゆとりやZ世代とじゃ次元が違うからな

  8. あの頃すでにタイマーもオートフォーカスもあったぞ
    だがあの頃のタイはバリバリの途上国でバンコクでも野菜は川に浮かぶ船から買うしかなかったからあの頃のタイ人はそういうカメラの存在も知らなくて当然だ
    92年にヨーロッパに行ったが自分のカメラ(初心者レベル)ですらヨーロッパ人は羨望の目で見て驚いてたよ
    ましてやタイはな

  9. ソニーは反日ストリンガーが社長になって花形技術者を大量に解雇したからな
    で、経理などは残した
    その技術者が韓国や中国に行かされたんだよ
    今だったらインドに行かされるだろうな
    そうやって日本の技術を潰したんだよ

  10. こんな雑誌出してること自体が当時のアメリカの反日行為そのものだろ
    役に立たないというレッテル貼りありきで実際はどうだったかなんてそもそも調べちゃいない

    自撮り棒以外は寿司とか新幹線とかが載ってたかもしれんぞ

  11. 日本のガラパゴス?呼びして欧米がバカにした技術に「カメラ付き携帯」もあったな
    日本の技術を総盗りして作ったのがアイフォン
    初期のアップルのラップトップはソニーが作ってアップルのロゴを付けてた
    アメリカの緑の革命も日本の研究の横取りだ

  12. ところで今となっては自撮りは一般的だが、
    ピースしながら自分で自分にカメラを向けるその姿は
    はっきり言って当時は笑いを誘うギャグそのものだった

    そしてそれを最初にやったのは誰かご存知か?

    憲 磨 呂 で す

    • だからSFvsマ゛ーヴルののりまろは自撮りしてたのか。

  13. レンズの横に鏡的なものが付いてて自撮り想定した使い捨てカメラはあったな

  14. ん?デジカメですらないのか
    フレーミングの確認にはカメラのファインダーを覗かないと
    たしか、正面に鏡が付いてて自撮り時に写る画を大まかに確認できるカメラがあったかも

  15. 時代を先取りしすぎたんじゃなくて名前が良くなかったんだよ
    自撮り棒だったら売れたのにエクステンダーって覚えにくいし意味が伝わらん
    ネーミングは大事よ

  16. 俺が90年代初頭に持ってたフジフィルム製のプレワインディング機能が付いたコンパクトカメラには、タイマーがついてたぞ。もちろんオートフォーカスで接写もできた。

  17. オートフォーカスカメラのジャスピンコニカなんか70年代だからな

  18. なにタイ人タイマー機能ついていないカメラ必要なかったのかな

  19. 現像してプリントしないと見れないからな
    勘で撮って失敗してたらもう使わんのじゃないか

  20. このころの安いカメラって、ピント合わせ不要のパンフォーカスカメラじゃない?
    2mぐらい離れてれば勝手にピントが合うので、カメラの向きだけ正しく合わせておけば失敗はしないはず

  21. 若い世代がiPhoneのシャッター音がなぜ「カシャ」なのか全く理解できないと聞いて落ち込んだのが10年前だよ。こわいこわい

  22. 棒が写るから微妙なんだよな
    小型ドローンにスマホ搭載すれば解決だけど、大抵の場所で禁止されてるからなあ
    ドローン扱いされない方法があれば便利なのに

  23. 飲食店で料理の写真を撮ってSNSに乗っけるのも日本人が始めて当時海外じゃめちゃくちゃ馬鹿にされてたけどいつのまにか普通になってるしな。

  24. シャープから出てたプロジェクター付き携帯持ってるよ
    画期的だったよ
    日本は内需でやっていけてたからね。もっと積極的に世界進出してたら構図は変わってただろうな。
    色んな分野で

  25. タイマー付きじゃない銀塩カメラって写ルンですくらいだろ…

ads