日本の「神風特攻隊」を見たタイ人の反応

Nintendo Switch Lite ターコイズ
楽天ブックス
¥ 21,978(2021/07/03 17:21時点)
神風特攻隊 反応
Public Domain, Link

タイで日本の神風特別攻撃隊のことが紹介されました。驚嘆するタイ人や、タイにあるレコードレーベルのことに触れるタイ人の反応をまとめました。

新着記事(翻訳)
人気記事ランキング

カミカゼを知っていますか?

皆さんも「神風」という名前の日本軍の特攻隊のことはご存知だと思います。

1944年、フィリピンで米軍の侵攻を防ぐため、神風特別攻撃隊による作戦が開始しました。

特攻隊員の戦死は、当時の日本において非常に名誉あるものでした。

第二次世界大戦中、300人以上の特攻隊員が、アメリカ軍に甚大な被害を与えたと言われています。

「軍隊」に関する海外の反応

日本の自衛隊の戦闘力が軍隊じゃないのに凄すぎる!【タイ人の反応】 | 海外の反応アンテナ
海外のサイトでまとめられている「日本の自衛隊の隊員数や保有している兵器などの戦闘力」がタイで紹介されていました。自衛隊という名前だけど軍隊と変わらないと思うタイ人の反応をまとめました。
日本もランクイン!世界軍事費ランキングTOP10!【タイ人の反応】 | 海外の反応アンテナ
ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)が発表した世界軍事費ランキングがタイで紹介されていました。日本や海外の国が2019年に費やした軍事費や、その対GDP比率を見たタイ人の反応をまとめました。
日本の防衛省がまもなく重大発表すると話題に!【タイ人の反応】 | 海外の反応アンテナ
9月8日、防衛省の河野太郎防衛大臣が間もなく重大な発表をする予定であることを表明したことがタイでも紹介されていました。日本の自衛隊とアメリカの軍隊が連携して問題に対処することを知ったタイ人の反応をまとめました。

神風特攻隊(神風パイロット)

神風特攻隊

Public Domain, Link

神風特別攻撃隊は、第二次大戦(大東亜戦争)で大日本帝国海軍によって編成された爆装航空機による体当たり攻撃部隊(特別攻撃隊)と直接掩護並びに戦果確認に任ずる隊で構成された攻撃隊。攻撃目標は艦船。略称は「神風」「神風特攻隊」。隊名の発案者・猪口力平によれば、「神風」の読みは音読みの「しんぷう」であるが、当時のニュース映画で訓読みの「かみかぜ」と読み上映したことでその読みが定着した他、アメリカ軍が神風を読み間違えて「カミガゼ」と呼んでいたので、戦後、カミガゼと連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)が統制したという。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/神風特別攻撃隊

(訳注:原文では「カミカゼ」について長文で詳しく説明されていました。詳しい内容はWikipedia等を御覧ください)

新着記事(NEWS)

タイ人の反応

訳注:年末年始は少しお休みさせていただきます。2013年頃の記事(現在は削除済み)を必要に応じて加筆修正して再投稿しています。皆さん、良いお年をお過ごしください。

自分の命と同じぐらい国を愛していたんだね。

日本には『回天』というまるで小さな潜水艦のような人間魚雷もあるんだよ。
それに、飛行機から落とす人間爆弾もあって、たしか翻訳すると桜っていう名前だったはず。

神風特攻隊は、ドキュメンタリーにもなっているよね。

水中ミサイルを考えた人を尊敬するよ。プロペラをつけて水中を進んで船の横腹に穴をあけるなんて考えただけでも恐ろしすぎるよ…

誰かのために戦って、誰かのために死んでいった人たち。でも、戦争が終わったいま、日本の兵士とアメリカの兵士はビールを一緒に飲んで、お風呂に一緒に入って、経済のことについて話し合っている。…これだけは言わせて。彼らの死はいったいなんだったんだろう? アメリカは罵られて然るべきだと思うわ。

パイロットはみんな自ら進んで特攻していたのかな?

きっとやりたくない人もいたと思うよ。
でも、大部分が進んでやっていたんだと思う。
なぜなら、志願したけど受け入れられなかった人もいたぐらいだから。

神風特別攻撃隊について考えるまでもないんじゃないかな。
一般的には徴兵でさえ多くの人が進んで受け入れるわけじゃないんだから。
ただ、戦時中の国では逃げる場所なんてないんだし、逃げたところでより悲惨な結果が待っているだけだから。

死にたい人なんているわけがないよ。
ただ、お国のため、天皇陛下のためなら、死ぬことでさえ進んで受け入れる、それが日本人の精神なんだよ。

志願者が多すぎて特攻隊員に選ばれない人もいたぐらいだよ。
愛する国のための死に心から敬意を払います。

お国のために、タイ人であっても同じことをすべきだよ。誰もが死ぬために生まれたんだから。でも、いったいどれだけの人がお国のために死ねるだろうか。

たとえ敗戦しても日本はくじけることなく、国を発展させようと考えた。その結果、現在はタイよりもずっと繁栄している。

この神風パイロットの写真好き。

心の底から自分の国を愛していたんだね。だからこそ、現在の日本人は規律正しくて、これだけ発展しているんだよ。昔、タイは体の小さな日本人のことを馬鹿にしていたけど、いまではとても尊敬している。

Kamikaze…どうして音楽レーベルの話なんてしてるの? えっ、それとは違うの?(訳注:タイにはKamikazeという名前の音楽レーベルがあります)

この名誉ある名前をレコードレーベルの名前にするなんて、日本人に申し訳ないね。(関係あるのかしら?)

素晴らしい愛国心だね。タイ人もこれぐらい自分の国を愛して欲しいよ。

国のために命を投げ打つのはとても崇高だよね。

日本人にとって神風特攻隊は英雄だよ。

お国を守るために死ぬなんて、とても偉大なことだよ。彼らは自分の命を次の世代の人間のために捧げたんだ。これだよ、これが日本の兵士なんだ。

日本人は天皇陛下のために命を捧げていたんだよ。命を賭して忠義を尽くした。口だけの忠義じゃなくね。

日本兵を尊敬するよ。自分を犠牲にして国に仕え、それでいて、とても規律正しい。トランクのように小さな飛行機で歴史に残るぐらいたくさんのアメリカの船を沈めた。

幾十幾百の他の人の命を救うために一人を犠牲にする。個人的にはとても賞賛できないよ。カミカゼのみんながとても可哀想だよ。生まれてきたのに両親に報いることができず、愛する人と共に過ごすこともできず、一度だけの人生でごくごく平凡な幸せを享受することもできなかったんだからね…本当に可哀想だよ…。

มาทำความรู้จักนักรบ KamiKaze, Kamikaze นี่เต็มใจทำทุกคนรึเปล่าครับ?

コメント

  1. 戦争の時代を味わった人達のリアルな言論を体系化すべきなのにな
    歴史は人類が平等に共有すべき財産だと思うんだが
    今でも編曲した勝手な歴史解釈を用いて自分を正当化する国々
    こういう姿勢は穿いたさせなきゃ未来に進めない

  2. 水中のミサイルみたいな特攻って、身動き出来ないとか酸欠とか一番苦しそう。

  3. > 特攻隊員の戦死は、当時の日本において非常に名誉あるものでした。

    現在でも名誉。

  4. 先の戦争の原因⇒英国やオランダなどヨーロッパ諸国は植民地から搾取し、
    現地に還元せず、教育もインフラの整備もしなかったが、
    日本の植民地政策は教育とインフラ整備と産業を育成し、軍事指導もした。この違いに
    脅威を抱いた欧米が、日本との戦争を望んだ事にある。
    インドネシアを360年以上も植民地にしていたオランダが日本への原油輸出を停止し
    当時の人口8,000万人の日本の産業は壊滅的打撃を受けた。
    話し合いで日本は一方的に多くの譲歩をしたが、米国のハルノートなどで嘘を付かれ、
    戦争をするしか道が無かった。
    戦後、GHQ司令官が米国議会で、日本の防衛戦争だったと答えている。
    開戦も
    日米開戦と言われている真珠湾攻撃よりも数か月前に米国と中国の合同空軍が
    日本本土への空爆を計画していた<米国の公文書資料館>。
    開戦前に空襲出来なかったのは、ヨーロッパ戦線で戦闘機の需要が増え、調達出来なかった為です。

    • 後半の日米はともかく前半は一方的な見方すぎる
      植民地インフラについては例えば当時の映像の中の
      インフラ状況と西洋人&現地人を見てみるといい
      例えばこれがインドネシアの1941年の映像
      https://www.youtube.com/watch?v=2N50_YJhhsU

      現地人と現地西洋人との間に明らかな経済格差はあったが
      教育も何もしなかったというのも違う
      インドのガンジーは弁護士だし、インドネシアのスカルノは現在の工科大学卒
      あとは現地人の患者を診るための医者は土着の病もよく知っている現地人だった
      経歴をみるとわかるが高等教育は本国(宗主国)なりに行かなきゃならないが
      それは現地人も現地西洋人子弟も同じで
      現地でどちらも初等教育までは受けられるように教育設備投資はされている

      日蘭会商についても交渉経緯を見れば蹴ったのは日本側でオランダ側に瑕疵はない
      むしろオランダは米英の石油メジャーが投資してたインドネシア各地の油田から
      日本をなだめるために(戦争したら蘭印戦力じゃかなわないのわかってるから)
      日蘭会商で日本に石油を売る算段をしてたせいで米英議会から文句つけられてる

      そんなオランダが日本に降伏するときに出した条件のひとつが
      「原油精製施設等を含めた現地のインフラの温存」だったのをどう考えてる?
      太平洋戦争開始以前の朝鮮や台湾ならともかくとして
      戦争開始した後に戦線をひろげすぎて困窮する日本には
      占領各地にインフラ投資する余裕なんてない
      東南アジアについては既に整備されていた現地インフラを利用してる

      日本に大望があり世界で”常識”とされていた差別と戦ったのは事実だが
      日本側の過失もなかったわけじゃないし
      >>51004の1~6行目みたいに誤った知識で語られるのは迷惑だからもうちょい勉強してくれ
      ついでにインドネシア360年植民地も誤りだな
      インドネシア独立の1945年までとすると
      オランダ人がインドネシアに初到達する1596年以前から植民地にしてるみたいだw

  5. しんぷうとくべつこうげきたい

  6. 天皇一人のためにおびただしい若者たちの命が虫けらのように扱われた狂った時代
    二度と日本をあのような体制の国にしてはならない

    • 国や天皇の為ってか家族の為だろ

      • ですよ
        昭和や江戸より全然民度が低くて国家って概念もない戦国武士ですら
        死を覚悟して見方と女子供を守ることが頻繁にあったんだから

        日本人の人間的な家族愛や情を忠誠心とか国家主義とか非人間的な感情に置きかえるのは西洋人の非キリスト教徒差別思想が下敷きになった連合国やサヨのプロバガンダだよ

  7. お国や天皇のためじゃなくて愛する家族を守るため
    負けたら皆殺しで植民地になるんだからそりゃ必死ですよ

  8. 合掌

  9. 特攻隊員の行為自体は否定しない
    批判するとしたらそういう状況に兵士を追い込んでしまった軍の責任
    大西中将はそれを理解してたからあんな死に方を選んだ

  10. 特攻隊員の行為自体は否定しない
    批判するとしたらそういう状況に兵士を追い込んでしまった軍の責任

    大西中将はそれを理解してたから最後にああいう選択をした

  11. 愚かな戦術
    いや戦術とも言えない低レベルな無駄死にだ
    勝つためにどうしても必要な死でもなく、その死に十分報いるわけでもなく
    ただただ国の自己満足のためだけの死
    その人間自身も国と同じく愚かで自己満足のために死ねた者は自業自得ですむが
    無駄と分かりながら死に向かった人間は本当に哀れだ
    戦争にだけではなく、戦後もその死を完全に無駄にしたのだから
    そんな自分の死を利用するのは戦後も戦中と同じ、いやそれ以上の口だけの愚か者たちばかり

    • これが戦後教育の結果です。当時の思想や状況をまるで考慮しようとしない。

      • 特攻隊員の公開されている遺書を全て読んでこい
        話はそれからだ

    • 特攻は勝つためでなく、戦後に要求される負担を少しでも軽くするためだったはず。

      • ばかな、本当にそれが目的ならすべきは特攻じゃないだろう。
        もしもそのために特攻をやったとしたら本当に原始人並の頭じゃないか。

    • 特攻は特攻で意味があったんだよ。
      島津藩が有名だが、九州男児の中年以上はまだまだ特攻精神を心に置いてある人がいるよ。

    • 合計で特攻の4分の1を費やし
      4隻の巡洋艦にしか損害を与えられなかった
      マリアナ沖海戦&台湾沖海戦はどう思う?w

      ドイツなんか見てみろ
      西側に挙って降伏したせいで700万人の捕虜を支えきれず
      100万人の餓死者が出てるんだが?沖縄(軍民合わせ12万)広島長崎(合計30万)東京(30万)でもまだ足りんよ?
      一方日本は一億総特攻を掲げ実際に攻撃して見せたから
      アメリカのお偉いさんによる餓死一千万の計画が台無しになった
      実際特攻を行動に移してた相手にそんなことしたら
      進駐軍がどうなるかお前でもわかるだろうからね

    • 俺なんか特攻隊の人たちに対して畏敬の念しか湧かない
      そして自分だけが利口だと思ってるようなお前に対しては侮蔑の念しか湧かない

  12. これだけの気概があったからこそ、有色人種では(ほぼ)日本だけが独立を守れた。
    そして、ペリー来航から終戦にいたるまでの頑張りが、
    人種平等の世界を招来し、我々の世代が平穏に暮らせるようになった。

    個人的にはそう思っている。

  13. 占領軍に支配されて独立を守ったなんて臍が茶を沸かすぜw

  14. 特攻は同調圧力の恐ろしさそのものだ
    10代、20代の青少年に軍政国家権力が特攻を強要したのだ
    特攻を指示した東条なんて御国を敗戦させた挙句に捕えられて
    往生際も踏まえず自決すら出来ずに敵国の手で銃殺されたのだからな
    あの様では、戦った隊員も遺族も報われない

  15. 犠牲は可能な限り少なく勝つのがベスト

    まあ、中々思うようには行かないけどね

  16. 「特攻は無駄死に!」小学生の時に日教組の赤旗販売員教師が言っていた。70歳を過ぎた爺だが、特攻は海や空だけでなく、戦車に身を投げた方もいる。耳学問の知ったかぶりの赤色配下は「味方を背中から撃つ輩(やから)」、人物も言っている事柄も、まったくの平和ボケ同調圧力。

  17. 言い出しっぺの大西瀧治郎が統率の外道言うてる時点でもうなんだかなあ

  18. 神風ばかりクローズアップされてるが当時の戦争で最前線で戦った場合
    生きて帰ってこれない兵士が多かったんだよ
    どうせ生き残れないのであればより戦果が望める戦法になっただけ
    例えば島嶼部の防衛戦なんかの場合は補給が望めないので手持ちの弾薬と食料だけで
    すぐになくなり可能な限り防衛しろという任務なので死ぬことも許されず
    痩せこけた身体にウジが湧いているのを見ながら餓死や病死で亡くなった兵士も多い
    運よく防衛任務を終えて良いという命令が届けば弾丸が尽きているので銃剣突撃を
    試みて相手戦力を少しでも削ろうとしてた、これが所謂万歳アタックと向こうが
    呼んでるもの
    硫黄島の戦いってのはこれの最たるものでここに滑走路を作られると本土まで
    空爆が可能になってしまうのでひたすら死なないように粘った
    昼間は50度を遥かに超える坑道に潜み、夜襲を繰り返した

  19. 実はほぼ確実に死ねる特攻はそれほど過酷じゃない
    死ねない任務のほうが過酷
    小野田少尉という人はフィリピンで敗戦の報が届かず
    戦後も29年間任務をしていた

  20. 妙な議論は無し。・・・忘れてはいけない話だろ。
    経済が発展して平和が続いているのも、彼らが存在していた証だろ。

    • その通りですね。

  21. 穀潰した末に飢え死にするよりはマシだったんだろうなと思う
    銃爆薬も限られてただろうし

  22. アメリカ軍の死者数は建国以来ペリュリューから
    フィリピン・硫黄島・沖縄までの半年が最大。
    しかも、神風は精神に異常をきたす兵も多かった。
    本土決戦に予想される死者数を考えれば
    アメリカも政治的に躊躇せざるかった。
    USAが心底恐れた国が日本であり、
    今その2国が友好国になっているのは感慨深い。

  23. まず、自分がその状況に置かれたらと考えてみるコトだな。
    できるか? 恐ろしいコトだ。

  24. 現代人として歴史は公開され、忘れ去られないように折に触れ表に出されるべきと思う。
    でも個人的には、広島・長崎・神風辺りの出来事に対して、外国人に触れられたくないと思ってしまう。
    どのようなコメントであれ、古傷に触れられたような嫌な気持ちになるのは何なんだろう。原爆投下を正当化したり謝ったりするアメリカ人のコメントなんかもね。
    まあ読まなきゃいいだけなんだけどさ。

  25. 特攻用滑空機は桜じゃなくて桜花(おうか)だよ!

  26. アラブの自爆テロの元祖って言われて反論できない

  27. バンカーヒルの記録を見ただけでも
    神風がどれだけの恐怖をアメリカに与えたかがわかる

  28. アメリカの軍艦約300隻を撃沈破させた
    こんな恐ろしい時代に生まれなくてよかった

ads