日本の日産の小型SUV「キックス」がタイで世界初登場!日本にも逆輸入して発売!【タイ人の反応】

日産キックス反応
https://usa.nissannews.com/en-US/releases/

日産がタイで製造し、3月にタイで発売、その後、日本にも逆輸入して発売予定の小型SUV「キックス e-POWER」がタイでも話題になっていました。ガソリンエンジンで発電してモーターを駆動させるe-POWERの仕組みに興味を惹かれるタイ人の反応をまとめました。

新着記事(翻訳)
人気記事ランキング

e-POWER搭載の日産「キックス」が3月19日にタイで世界初登場。価格は100万バーツ(約335万円)以下になるか?

e-POWERが搭載されたクロスオーバーSUV「日産・キックス」がいよいよ3月19日にタイで登場することが正式に発表されました。

日産の「キックス」はアメリカや南米で発売されているクロスオーバー車ですが、今回、タイで発売されるのは、日産が誇る次世代の電動パワートレイン「e-POWER」が搭載された新型「キックス」です。

日産が誇る「e-POWER」とはどんなものでしょうか?

今日は、それについて分かりやすく説明したいと思います。

「日産」に関する海外の反応

日本の軽自動車「日産デイズ」の特別仕様車が可愛すぎる!【タイ人の反応】 | 海外の反応アンテナ
日産デイズとそのカスタムカーであるボレロがタイで紹介されていました。とても可愛らしい見た目の日本の軽自動車を見て欲しくなったり落ち込んだりするタイ人の反応をまとめました。
日本で日産が「新型スカイライン」を発表→タイ人「マツダ3に似てる」【タイ人の反応】 | 海外の反応アンテナ
先日発表されたマイナーチェンジした日産の新型スカイラインと特別仕様車400Rのことがタイでも紹介されていました。大衆車みたいだ、マツダ3みたいだ、と少し残念がるタイ人の反応をまとめました。
日本の日産の4ドアスポーツカー「マキシマ」がカッコいい!【タイ人の反応】 | 海外の反応アンテナ
北米などで販売されている日産の高級4ドアスポーツセダン「マキシマ」の2020年モデル改良新型がタイで紹介されていました。見た目も値段も素敵なのに、タイでは販売されそうにないことを嘆くタイ人の反応をまとめました。

e-POWERとは?

[NISSAN e-POWER] เทคโนโลยีใหม่ e-POWER ขับเคลื่อนด้วยพลังงานไฟฟ้า 100%

e-POWERとは、電気自動車(BEV)のように、電気モーターを回転させ、その動力を駆動輪に伝える技術ですが、電気自動車のようにバッテリーを使ってモーターに動力を送るのではなく、ガソリンを燃焼させて動力を発生させる仕組みになっています。

ガソリンで走る電気自動車ということですね。

日産は「電気自動車」ということで売り出していますが、使われている技術の面から考えると、ハイブリッドカーの一種であるといえるでしょう。

日産・キックス e-POWER

Nissan เล็งเปิดตัว 2020 Kicks e-Power ในไทย เสียบแทน 2019 Note e-Power ? | CarDebuts

e-POWER搭載「キックス」の詳細は以下の通りです。

全長×全幅×全高:4295mm×1760mm×1588mm

ホイールベース:2620mm

小型SUVに分類される「キックス」のライバルとしては、3月上旬に発売が予定されているマツダ「CX-30」の他、ホンダ「HR-V」、トヨタ「C-HR」、MG「ZS」などが挙げられるでしょう。

「キックス」のパワートレイン(e-POWER)は、最大出力79馬力の直列3気筒の1.2リッターエンジンを動かして発生させた電力でモーターを回すという仕組みになっています。

電力の送られた電気モーターは、最高出力129馬力、最大トルク254Nmを発揮します。

e-POWER搭載の「キックス」の販売価格はまだタイ日産から正式に発表されていませんが、タイ国内で生産されること、小型SUV市場で生き残らなければならないことなどを考えると90万バーツ(約316万円)程度ではないかと予想されます。

新着記事(NEWS)

タイ人の反応

見た目もカッコいいし、いい車だと思うな。
心配なのは、手が届かないような値段で販売されるんじゃないかということだけ…。

実物はもっとカッコいいよ!

実物のカッコよさは私も保証する。

みんな、実物を見たことがあるの?
それとも想像で言っているの?
でも、前のモデルよりカッコいいのは確かだと思うな。
びっくりするような値段が付けられてショックを受けるのが怖いから、あまり期待せずに静かに見守ることにするよ。

日産がどれだけいい車を出しても、結局みんな最後には大手の車を選ぶんじゃないかな。アルメーラがホンダのシティに勝てなかったようにね。

トランスミッションが壊れる心配がないのはいいけど、バッテリーが小さすぎるから劣化も早そうだし、すぐに十分な電力を溜めることができなくなりそうだね。バッテリーを交換するのも高そうだし…。

e-POWERはそういうものだよ。バッテリーはちゃんと考えて設計されているんだ。もう少し勉強した方がいいよ。

エンジンから常にバッテリーに電力が送られているから、バッテリーは小さいサイズで十分なんじゃないかな。これは僕の考えで、もしかすると間違っているかもしれないけどね。

いい走りをするのかな?
足回りはどんな感じなんだろう?
メンテナンス費用はガソリン車に比べて高いのかな?

駆動システムが違うだけで、それ以外のシステムやメンテナンス費用などは普通の車と同じだよ。

メンテナンス費用が2倍になることを忘れないように…。

エンジンはずっと動き続けているわけじゃなくて、バッテリーに残量があるときは止まっているんだよ。動く時もゆっくり静かに動くから10年くらいじゃ壊れたりしないはず。普通の車と同じように、オイル交換を行っていれば大丈夫だよ。ガソリン車のようにトランスミッションを修理する必要がないからバッテリーのことだけ気にかけていればいいし。バッテリーだって、タイヤ交換を2回する間に1回交換するかしないかだと思うよ。まぁ、バッテリーの保証は必ずついていると思うからとりあえず安心だね。

ガソリン代が3-4倍も節約できることを考えたら、メンテナンス費用が2倍になることなんて何でもないよ。よく計算してみてね。

電力を使ってモーターを回すことで、バッテリーの入っていない機関車部分を動かすことができる電気・ディーゼル両用機関車のようなシステムだよね。

機関車の寿命は30年くらいくらいらしいね。

少し駆動システムを変えただけで、たいして排気ガスが減ったり燃料を節約できるようになったわけじゃないから、それほど高い値段がつくとは思わないなぁ。

どうして日産の車は全部Vモーショングリルなんだろう。全然新しさが感じられないよ。僕は日産が大好きだけど、Vモーショングリルだけはやめてほしいな。

アルメーラのような価格(同じ金額という意味じゃなくて、競合他社の同クラスの車種と比べてお得感のある価格という意味ね)で売れば、きっと売れると思うよ。リーフのような価格になると、ちょっと厳しいかもしれないけどね。

電気自動車にかかる税金を安くしてくれたらいいのに。でも、きっと難しいんだろうな🙄🙄🙄

90万バーツ以上になることはないと思うよ。

僕の予想では、99万9000バーツ(約335万円)というところかな。
日産は予想外の安い価格をつけるサプライズをあまりしないから。

燃費がどれぐらいなのか気になるな。

燃費は34km/Lくらいだと、どこかで読んだことがあるよ。

デザインがいいよね。小型SUVが好きな人は気に入ると思うよ。もし、価格がトヨタの「C-HR」くらいならきっといいセンいくんじゃないかな。

日産は、100万バーツ以下になると匂わせているみたいだよ。

もし99万バーツなら、CH-RやHR-Vの方に目が行くかな。

まるで機関車みたいだね。

ボディのサイズはどのくらいなんだろう?
HR-VやCH-Rくらい?
それとももっと大きいのかな?

普通のガソリン車か、電気自動車か、どちらかにすればいいのに。なんだか回りくどいよね。

不思議な技術を使っているんだね。電気なのかガソリンなのか混乱しちゃうよ。

不景気の時に発売するんだから、高い値段をつけても売れるわけがないよね。

実際の燃費は20Km/Lにも満たないんじゃないかな。しかも、電気自動車みたいに充電することもできないんだよね。

ホンダの「アコードハイブリッド」の真似をしただけじゃないかな?

構造は「ジューク」と同じなんじゃない?

80万バーツ(約268万円)以上になるとちょっと厳しいな。

e-POWERのテクノロジーは素晴らしいと思うけどな。僕は評価しているよ。

高額で販売するなら、中国から入ってくる安い車に全部持っていかれちゃうかもね。

競合他社に勝つために気合いを入れてデザインした感じはする。素敵な車だね。

こんな不景気の時に発売しようとするなんて、いったい何を考えているんだろう。

「100万バーツ以下」というのは、まさか、99万バーツじゃないだろうね?笑

僕の予想では、69万バーツ(約231万円)かな。

100万バーツ以上になるなら、マツダCX-3と同じで相手にされないかも。

これは気になる。普通の電気自動車と違って充電する必要がないのが、煩わしくなくていいじゃん。

80万バーツ台~90万バーツ台、というところかな?

肝心の価格が書いていないじゃないか…。

燃費はハイブリッド車とほとんど変わらないみたいだよ。もし、販売価格が他社と変わらないなら、大手の車を選ぶ人が多いんじゃないかな。競争に勝つためには値段を下げて、オプションを充実させるのが重要だよ。トヨタのCH-Rより15万バーツ(約51万円)くらい安くしたら十分張り合えると思う。

50万バーツ(約168万円)なら買うよ。

70-80万バーツ(約235万円-268万円)くらいなら、OKかな。

本当に100万バーツ以下なら、予約しようかな〜。

70万バーツ台後半から、80万バーツ台前半だと聞いたことがあるよ。それぐらいの価格帯なら、ちょっと考えちゃうね…。

อัปเดตเปิดตัว Nissan Kicks e-Power ครั้งแรกของโลกที่ไทย 19 มีนาคมนี้ ลุ้นค่าตัวไม่เกินล้าน

コメント

  1. タイは数年前から成長期凄いからなぁ。
    日本では、庶民の車レベルが300万円近くになってきて、高額だ!とかいろいろ物議起きてるのに、タイでは、そのくらいの価格帯なら適正という雰囲気なってきている。
    もちろん、タイの収入から考えると、めっちゃ高いけど、買えなくはない程度まできている。
    日本では、他にかかる費用が多く、車に300万も使ってる場合じゃないので、とても買えない。

  2. パジェロミニちゃうの?

  3. ポルシェティーガーかなw

  4. ダイハツのロッキーあたりの対抗かと思ったら、
    全然値段が上のクラスなのね。

  5. 逆輸入の意味間違えてないすか?

    • 二輪車だと国内で生産された輸出仕様モデルを逆輸入というのがあるけど
      この車の場合は純粋な輸入モデルですよねw

  6. ダサいなぁ。ただその一言に尽きる。
    Vモーション無くてもダサい。

ads