日本のトヨタの「ハリアー」の北米版「新型ヴェンザ」がカッコいい!【タイ人の反応】

トヨタ・ヴェンザ反応
https://pressroom.toyota.com/vehicle/2021-toyota-venza/

トヨタの新型ハリアーの北米版「新型ヴェンザ」がタイでも紹介されていました。タイでは販売されない中型クロスオーバーSUVのヴェンザを、ぜひタイでも売って欲しいと絶賛するタイ人の反応をまとめました。

新着記事(翻訳)

トヨタ新型「ヴェンザ」発表! 2.5リッターハイブリッドエンジン、最大出力219馬力、AWD駆動、TNGA-Kプラットフォーム採用!

トヨタの北米法人が、クロスオーバーSUVの新型「ヴェンザ」を発表し、2015年に米国向けの製造を終了した「ヴェンザ」の名前を再び復活させたことで注目されています。

今回発表された新型ヴェンザは、今年6月に日本で発売される予定の新型ハリアーの左ハンドル仕様車です。

アップグレード内容としては、ハイブリッドエンジンとAWDを組み合わせたパワートレインが採用されていることなどが挙げられます。

「トヨタ」に関する海外の反応

日本のトヨタが「クラウン」特別仕様車を発売!乗ったことのあるタイ人は「クラウンはベンツ以上」と絶賛!【タイ人の反応】 | 海外の反応アンテナ
トヨタがクラウンのデビューから65周年を記念して販売する特別仕様車がタイで紹介されていました。タイで販売されているトヨタの高級セダン・カムリよりもさらにグレードの高いクラウンの特別仕様車を見たタイ人の反応をまとめました。
日本のトヨタの新型「ハイランダー」がカッコいい!【タイ人の反応】 | 海外の反応アンテナ
トヨタがアメリカのシカゴ・オートショーで発表した新型ハイランダーがタイでも紹介されていました。日本やタイでは販売されていない北米、中国、欧州向けのミッドサイズSUVを見たタイ人の反応をまとめました。
日本のコンパクトSUV「トヨタ ライズ」がカッコいい!タイでも販売して欲しい!【タイ人の反応】 | 海外の反応アンテナ
ダイハツ工業と共同開発したトヨタ自動車の新型コンパクトSUV「ライズ(RAIZE)」がタイでも紹介されていました。小さくて可愛い日本のコンパクトカーを見たタイ人の反応をまとめました。

トヨタ・ヴェンザ

トヨタ・ヴェンザ

https://pressroom.toyota.com/vehicle/2021-toyota-venza/

新型ヴェンザは、米国ではRAV4とハイランダーの中間に位置する、中型クロスオーバーSUVに分類されています。

ボディサイズは全長4740×全幅1855×全高1660mm、ホイールベースは2690mmです。

ちなみにタイで販売されている「トヨタ・フォーチュナー」のボディサイズは全長4795×全幅1855×全高1835mmで、ホイールベースは2750mmです。

2台を比較してみると、全長と全幅は同じくらいですが、ピックアップトラックの基本に則ってデザインされたフォーチュナーとは高さにかなりの差があることが分かります。

トヨタ・ヴェンザ

https://pressroom.toyota.com/vehicle/2021-toyota-venza/

新型ヴェンザにはTNGA-Kプラットフォームが採用されており、リアサスペンションは、静かで柔らかい走りができると評判のマルチリンク式となっています。

TNGA-Kプラットフォームは、「カムリ」「アバロン」「RAV4」「ハイランダー」にも採用されており、従来よりも走りが向上し、安全性も高くなったと絶賛されています。

トヨタ・ヴェンザ

https://pressroom.toyota.com/vehicle/2021-toyota-venza/

新型ハリアーの北米版ともいえる新型ヴェンザのフロントフェイスは、米国向けに新しくデザインされています。

フロントグリルからヘッドランプまではシャープなラインになっており、バンパーにはトヨタの新型車の多くで採用されているデザインが使われています。

トヨタ・ヴェンザ

https://pressroom.toyota.com/vehicle/2021-toyota-venza/

リアは、横に長いテールランプと、ハイマウントストップランプが存在感を表しています。

新型ヴェンザには新世代ハイブリッドシステムが搭載されています。

トヨタ・ヴェンザ

https://pressroom.toyota.com/vehicle/2021-toyota-venza/

新世代ハイブリッドシステムとは、2.5リッター直列4気筒ガソリンエンジンと3つの電気モーターを組み合わせたもので、バッテリーにはリチウムイオン電池が使われています。

ハイブリッドシステム全体の最大出力は219馬力で、燃費は約17km/リットルです。

駆動方式は、走行状況に応じて2WDと4WDを自動で切り替える「オンデマンドAWD」です。

オンデマンドAWDによって、車両の減速や停止を予測し、アクセルペダルを放すタイミングをドライバー知らせることで、エネルギー消費を削減するとともに、発進加速性や操縦安定性の向上を実現しました。

新型ヴェンザには、トヨタの安全技術「Toyota Safety Sense」も搭載されています。

安全技術のオプションには、アダプティブ・クルーズ・コントロール、自動ハイビーム、リヤクロストラフィックアラートなどがあります。

新型ヴェンザのインテリア

トヨタ・ヴェンザ(インテリア)

https://pressroom.toyota.com/vehicle/2021-toyota-venza/

12.3インチのタッチスクリーンディスプレイは「Apple CarPlay」「Android Auto」「Amazon Alexa」に対応しています。

7インチのマルチインフォメーションディスプレイ

トヨタ・ヴェンザ(7インチのマルチインフォメーションディスプレイ)

https://pressroom.toyota.com/vehicle/2021-toyota-venza/

6か所にスピーカーを設置。オプションで9か所に増やすことも可能

トヨタ・ヴェンザ(インテリア)

https://pressroom.toyota.com/vehicle/2021-toyota-venza/

本革シートと本革と合成皮革を組み合わせたシートが選択可能

トヨタ・ヴェンザ(シート)

https://pressroom.toyota.com/vehicle/2021-toyota-venza/

新型ヴェンザのエクステリア

トヨタ・ヴェンザ(エクステリア)

https://pressroom.toyota.com/vehicle/2021-toyota-venza/

トヨタ・ヴェンザ(エクステリア)

https://pressroom.toyota.com/vehicle/2021-toyota-venza/

トヨタ・ヴェンザ(エクステリア)

https://pressroom.toyota.com/vehicle/2021-toyota-venza/

新型ヴェンザは、2021年の後半に米国で発売される予定です。

販売価格はまだ正式に発表されていませんが、3万ドル(約95万7,000バーツ)以下になると予想されています。

新型ヴェンザがタイで販売されることはあるのかどうか、気になる人も多いでしょうが、タイで売れている「フォーチュナー」と価格帯が被ってしまうことになる可能性があるため、タイで販売される可能性は低いといえるでしょう。

しかし、この先何が起こるかは誰にもわかりません。

今後の動きにぜひ注目したいですね。

新着記事(NEWS)

タイ人の反応

これはハリアーなんだよね?
ハリアーとフォーチュナーとはサイズが全然違うよ。
比べるとしたらホンダのCR-Vじゃないかな?

きっとタイで販売されることはないだろうね。フォーチュナーとターゲットが被る車は売れるわけがないから。

スペックを読んでいる途中で、これはタイ向けじゃないなと思って読むのをやめちゃったよ。

新型ヴェンザがタイで販売されることになったら、CR-Vはきっと震え上がるだろうね。

絶対にタイに輸入されることはないと思うよ。

台湾ではこういうタイプの車がたくさん走っているのを見かけるよ。

フォードもこれと同じタイプの車を出していたね。

いいね。150万-180万バーツ(約505万円-約606万円)くらいならきっと売れるんじゃないかな。

トヨタはまだこのセグメントの車がないから、ぜひ新型ヴェンザをタイで販売して、マツダのCXやホンダのCR-Vと勝負させてほしいな。

個人輸入業者に頼るしかないのかな。

ハリアーよりは絶対に高い値がつくだろうね。

つまり、ほとんど新型ハリアーと同じってことだよね?

アメリカで90万バーツ台で売られたとしても、タイでは100万バーツ以上になるのは確実だよね。高すぎて買えないよ。

自動車関税が320%かかるのを忘れないでね。

フォーチュナーとはグループが違うし、フォーチュナーより小さいのに、スペック全てがフォーチュナーより上だなんて…。

ガソリン車なの?

タイで売られているカローラワゴンの元になった車だよね。

写真の撮り方がうまいよね。

素敵なデザインだね。でも、タイには入って来そうにないな。きっと値段もそれなりにするだろうしね。

カッコいいなぁ。ぜひタイでも販売してほしいよ。このセグメントのトヨタ車が欲しいけどフォーチュナーはちょっと…という人はたくさんいると思うよ。マツダのCXやホンダのCR-Vより使い勝手が良さそうだしね。

タイで販売されたらきっと売れると思うんだけどなぁ。

デザインも価格も言うことなしだよ。まぁ、僕はピックアップトラックで十分だけどね。ハハハ。

超カッコいい!
タイでの販売価格が知りたいな。

これからも今まで通りフォーチュナーを売り続けてくれますように。

素敵なデザインだね。

僕の好みどストライクだよ。タイに入ってくるのはいつになることやら…。

タイではデザインの優れた車は販売されないことになっているんだよ。

良い車はタイには入ってこないんだよ。

タイで組み立てるんじゃないのか…輸入車なら、関税を合わせると300万-400万バーツ(1,014万円-1,352万円)になるのは確実だね。これからもPPV(ピックアップ乗用車)で我慢するとしようか…。

 ワァ!ポルシェのカイエンかと思ったよ!

カッコいいなぁ。僕の好みのスタイルだよ。タイのトヨタもこんなスタイルの車を売ればいいのに。今年の半ばに発表される予定のクロスオーバーSUVはどんなデザインなんだろう。カッコいいのかな。

RAV4、フォーチュナー、プラド、ハリアー、クルーガー、ランドクルーザーなど、トヨタは他のメーカーよりも4WDとSUVをたくさん出しているのに、タイ国内でフォーチュナーが売れなくなると困るからタイで販売しようとしないんだよね…。

SUVでもセダンでもない中途半端なセグメントだけど、車内が広くて乗り心地がいいんだよね。でも、アメリカでは車高が低くてシートが2列しかないからあまり売れないんだって。衝撃吸収システムはセダンのものと同じだから、フォーチュナーより走りは滑らかだよ。

これはハリアーのハイブリッド4WD車だよね。違うのは、リチウムバッテリーを使っているというところだけだよ。

もうすぐ電気自動車の時代を迎えるんだから、本来ならとっくにハイブリッド車の時代になってなきゃならないはずだよね。

トヨタが力を入れている車とラインが被ってしまうから、絶対にタイには入ってこないだろうな。

トヨタは大きな国ではどんどん新車を発表するけれど、タイでは全然発表しないよね。きっと、オプションを削られまくる上に、自動車関税が高すぎるからだろうね…。

欲しいなぁ。どうか、タイでも販売してよ。トヨタさん!

タイでは今、クロスオーバー車がトレンドだから、新型RAV4が出たら絶対に売れると思うよ。

タイに入ってくるわけないよね…。

テールランプを見て、ポルシェかと思ったよ。

海外で売り出す車にはリチウムバッテリーみたいな最先端技術が使われているのに、タイ国内で売り出す車には未だにニッケル・水素充電池が使われているんだよね…。でも、宣伝文句のおかげでニッケル・水素充電池がとても素晴らしいと信じている人たちがたくさんいるけど。

タイで売ってくれと言っても言っても売ってくれないんだろうな…。

キャー!かっこいい!私はSUVが大好きだよ!

なかなかイケてるね!

フロントもリアも、どちらも素敵!

早くタイでも販売してほしいなぁ。

乗ってみたいなぁ。

これは素晴らしい!

本当にカッコいいなぁ。

超!超!素敵!

タイに来るのを待っているよ!

素敵だなぁ。

ยลโฉม Toyota Venza เบนซิน 2.5 ไฮบริด 219 แรงม้า AWD ช่วงล่าง TNGA-K เหมือน Camry

コメント

  1. 新型便座

    • 便座ブロック!

  2. 新型コロナは?

  3. TENGA採用の便座

  4. みんな便座って言ってしまう感

  5. トヨタはほんとネーミングがね

    今回は便座
    マークⅡはマークX(×印)に改名してダメだしされた
    ISISにコロナとか時事ネタ車もあり

    • コロナブランドを復活させよう

      新型コロナ「ウーハン」とか良いんじゃないかな

  6. コロナシリーズ復活は武漢に製造工場建てるのがベター
    宣伝効果もばっちり

  7. 「ヴ」は外国名表記として廃止したんじゃなかったっけ

  8. 他のメーカーもだけど、
    北米を意識して、
    アホみたいにデカいグリル・・・
    ラジエターには優しそうだけど、
    凄くかっこ悪いと思う。

    デカくするならするで、
    横スリット以外に、
    スマートなデザインって、
    無いものかね?

  9. シュビムワーゲン

  10. 新型コロナに効きそうだな

  11. トヨタと日産は内装が微妙なんだよ

  12. 排出規制が強化される一方だからV6の3.5リッターの設定がないのは仕方ない?

    • 3モーターハイブリッドだから、3.5リッターは要らないし、発進や加速のトルクに関して言えばガソリン4リッター並だと思う。

  13. 3万ドル=300万円台か。アフォみたいに安いな。
    家族持ち小金持ちのオッサンはこれにさっとうするだろ。

  14. TPPに参加するみたいだから、自動車の関税もその内撤廃に成ってタイ人も車買いやすくなるな。
    今は押し付けの車種しか無いが、関税が無くなったら本当のタイ人の車の好みが分かる。
    何か売れるのか楽しみだ、絶対変な車が売れて欲しい。

  15. 台形のグリルと細目のライトはカッコ悪い。
    あれでいいと思ってるの?

  16. ヒュンダイにパクられて
    尚且つライバルか?

  17. タイって確か日本と同じ左側通行だから北米仕様を輸入するよりハリアーを輸入した方が距離も近くて良いのでは?
    個人的にはハリアーよりもRAV4 PHVの方が断然欲しい