日本のマツダのピックアップトラック「BT-50」がカッコいい!【タイ人の反応】

マツダ・BT-50反応
https://newsroom.mazda.com/en/publicity/release/2020/202006/200617a.html

マツダがオーストラリアやタイなどで販売しているピックアップトラック「BT-50」が発表されたことがタイで話題になっていました。今回からいすゞのピックアップトラック「D-MAX」のOEM車になったBT-50を見たタイ人の反応をまとめました。

新着記事(翻訳)
人気記事ランキング

「魂動(こどう)-Soul of Motion」デザイン採用、3リッターディーゼルエンジン搭載、最高出力190馬力の新型「マツダ・BT-50」が世界初公開!

新型「マツダ・BT-50」が、オーストラリアで世界初公開されました。

今回公開された新型BT-50は、いすゞのピックアップトラック「D-MAX」がベースになっている3リッターディーゼルエンジン搭載車で、最高出力は187馬力です。

デザインにはマツダのデザインテーマである「魂動(こどう)-Soul of Motion」が採用されています。

「マツダ」に関する海外の反応

日本のマツダ車のエンブレムを剥がした結果!見てはいけないものが現れる!【タイ人の反応】 | 海外の反応アンテナ
日本のTwitterで話題になっていた「マツダの軽自動車のエンブレムを外した写真」がタイでも紹介されていました。日本のネット民から「見てはいけないものを見てしまった」とコメントが殺到した写真を見たタイ人の反応をまとめました。
日本のマツダがロータリーエンジンの特許出願!新型RX-9が登場!?【タイ人の反応】 | 海外の反応アンテナ
海外メディアで、マツダがロータリーエンジンとハイブリッドに関する特許を出願したと取り上げられていたことがタイでも紹介されていました。マツダがロータリーエンジン搭載の新型スポーツカーを販売するのかと期待するタイ人の反応をまとめました。
日本のマツダが「CX-30」をマレーシアやタイで導入!カッコいいと好評!?【タイ人の反応】 | 海外の反応アンテナ
欧州、日本、北米ではすでに販売されているコンパクトクロスオーバーSUV「マツダ CX-30」がマレーシア、そしてタイでも導入されることがタイで話題になっていました。マレーシアで発表されたCX-30の仕様や動画を見て、タイでの発売や価格について語り合うタイ人の反応をまとめました。

Brand-New BT-50 Global Reveal

Brand-New BT-50 Global Reveal

新型「マツダ・BT-50」の情報は以前から少しずつ伝えられていましたが、この度ついにフルモデルチェンジしたその姿をファンの前に現しました。

新型BT-50は「魂動(こどう)-Soul of Motion」が採用された初のピックアップトラックになります。

フロントグリルが新しいデザインになったため、フロントフェイスが大きく変わっています。

ヘッドランプにはLEDが採用され、ボディやテールランプもそれぞれ新しくなっています。

新しくデザインされたインテリアには運転手の動きと連動する機能が充実しています。

マツダ・BT-50

https://newsroom.mazda.com/en/publicity/release/2020/202006/200617a.html

9インチのタッチディスプレイは、Apple CarPlayやAndroid Autoにも対応しています。

2代目モデルで3.2リッターだったエンジンは、いすゞの3リッターディーゼルターボエンジンに置きかえられています。

最高出力は190馬力(140kW)/3600rpm、最大トルクは450N・m(45.9kgf・m)/1600-2600rpmと発表されていますが、現行の2.2リッターエンジンについてはまだ何も言及されていません。

タイ国内で公開されようとしている新型「マツダ・BT-50」の変更点は以下の通りです。

マツダ・BT-50

https://newsroom.mazda.com/en/publicity/release/2020/202006/200617a.html

ボディは従来通り、シングルキャブ/ハーフキャブ/4ドアピックアップ

新型「いすゞD-MAX」がベースになっており、多くの部品が流用可能

エクステリアは他のマツダ車と同様、マツダ独自のデザイン「魂動(こどう)-Soul of Motion」を採用

生産拠点がフォードとの折半出資の合弁会社の、ラヨーン県にあるオートアライアンス・タイランド(AAT)からいすゞの工場へ移転し、国内・海外向けの生産を行う

足回りはD-MAXと全く同じだが、ショックアブソーバーとスプリングの感触がD-MAXとは少し異なる

オーストラリアのメディアによると、新型「マツダ・BT-50」のオーストラリアでの販売価格はタイから輸入されている「いすゞD-MAX」と同程度になるとのことです。

ということは、タイでも新型「マツダ・BT-50」がD-MAXと同程度の価格で発売される可能性もなきにしもあらずですね…。

以上、続報から目が離せませんね。

新着記事(NEWS)

タイ人の反応

いすゞ車の性能は評価しているけれど、いすゞ車のフロントフェイスが好みじゃないという人にピッタリだね。

少なくとも現行タイプよりはカッコいいね。

全体的には凄くいいんじゃないかな。でも、どうせならテールランプのデザインも新しくするか、LEDに変えるかすれば良かったのに。そうすれば公開時の話題が増えると思うから 🙏🏻

きっと市場に並んでもおとなしくて目立たないんじゃないかな。

なんだか個性がないよね。

僕はマツダ車の足回りが大好き。メーカーや価格に関係なく安全性だけにスポットを当てたら、マツダがやっぱり一番だと思うよ。

僕もそう思うよ。マツダ車の足回りは他のメーカーよりも遥かに良いよね。マツダ車に乗っていれば分かるよね。

同意!
昔、マツダのファミリアアスティナ(マツダ・323F)に乗っていたけど素晴らしかったよ。ちょっと足回りが硬く感じることもあったけどね。排気量も大きくないし、馬力もちょうどよかったな。でも、世の中にVTECというものが登場したことで、マツダ車には別れを告げたんだ。

新型「MAZDA BT-50」の足回りはいすゞじゃないの?

どうして電気自動車で勝負しないのか不思議で仕方がないよ。メーカーの意向なのかな? それとも政府? 石油業界? 世界中で電気自動車が注目されるようになってきているのに、タイだけが置き去りにされてしまっているみたい。国のリーダーは大気汚染で苦しんでいる国民の気持ちなんて全然考えていないんだ。

石油業界と癒着していて、多額のコミッションを受け取っているんだろうね。

いま工場業界では新しい時代に対応するための研究が重ねられているから、心配しなくてもすぐに世界の動きに追いつくよ。

ピックアップトラックのフロントフェイスはエネルギッシュでちょっといかついくらいがいいのに、これはちょっとセダンみたいにこじんまりしすぎているよ。売れているセダンのフロントフェイスをそのままくっつけたみたいでちょっといただけないな。

これでも十分いかつい顔をしていると思うよ。

これは絶対に売れるだろうな!

僕は好きな車が出たら買わずにはいられないからね。

価格競争でも勝たなきゃ、他メーカーに負けてしまうからね。

いすゞをベースにするのはいいけど、リアなんて完全にいすゞのままじゃないか。フォードと提携していた時はまだフォードとデザイン面で区別をつけていたのに…これじゃほとんどいすゞ車だよ…。

マツダ車の要素もたくさん入っているじゃないか。

共同開発っていうのは、どちらかの製品をそのまま使うことじゃないのにね…。見てよ、ヘッドランプなんて思いっきりいすゞじゃないか。きっといすゞが後で新車を発表したら「いすゞはマツダのマネをしている!」なんていう人が出てくるんだろうなぁ。

例えば、ピックアップ部分に収納スペースを作ったり、LEDデイライトを採用したり、他のメーカーがまだやっていないことをすれば差がついて、売り上げも伸びるんじゃないかな?(価格は伸ばさないでね)

ちょっとフェイスが甘すぎるかな…。

いすゞのピックアップより価格は安いだろうし…これで改造がそんなに難しくないいすゞのエンジンを手に入れれば…走り屋たちの選択肢が増えちゃったね。

このフロントフェイスは、ピックアップトラックよりも普通のセダンの方が合っていると思うよ。

トヨタが不敵な笑いを浮かべていそうだね。

いやいや、トヨタ車よりカッコいいじゃん!

なんだか地味で目立たないように感じるよ。正式に公開される前に目にした画像はもっとカッコ良かったはずなんだけどな…。

現行モデルの方がカッコいいと思うな。

正面から見た姿が、いかつくてカッコいいね。

車いじりが好きな人が多くて、エンジン改造部品も豊富なタイではきっと売れるだろうね。パーツ屋はそこまで考えていると思うよ。

勉強しておかなきゃ。ハハハ。

これを買う人の8割から9割はメーカー名で選ぶんだろうね。僕だったらもし買うならいすゞ車を選ぶけど。

レンダリングされた画像はとても綺麗だったのに、写真ではレベルがかなり落ちているね。実物はその間をとって、超カッコよくもなければ超ブサイクでもないという感じかな。

海外では電気自動車がどんどん出て競い合っているというのに、タイはいまだにガソリン車が競い合っているのか…。

どうしてテールランプもLEDにしなかったんだろう。しかも、いすゞの後ろ姿そのままだし…。

競合が激しい市場なんだから、マツダ独自のスタイルのLEDくらいにしなきゃ勝ち残れないよね。

きっとハイグレード車種のためにとっておいてるんだよ。

LEDはインテリアに使っているんだよ。いま市場で一番インテリアにいい材質を使っているピックアップだからね。

タイ国内販売用と海外輸出用ではオプションが同じかどうかわからないよね。

2020年式D-MAXと同じ顔をしているじゃないか。

部品が同じならいすゞ車を買えば済むよね…。

いすゞD-MAXとマツダBT-50、フロントフェイスが好きな方を選べばいいと思うよ。好みは人それぞれなんだから。

横長のテールランプはどこに行っちゃったんだろう。

車は素敵だけど、僕の預金残高は全然素敵じゃないんだよね…。ハハハ。

豪華で洗練された感じのデザインだね。気に入ったよ。

僕は型落ちして忘れ去られたような車を買う主義なんだ。

海外で売られているようなフロントフェイスになるかと思ってずっと期待していたのに…。

パーツの価格がD-MAXと同じならきっと売れるだろうね。D-MAXより下の価格帯の市場を攻めればの話だけど。

ヘッドランプをもう少し大きくすればもっとカッコよくなるんじゃないかな。

ケチをつけている人は絶対に買わないんだよね。買う人は文句なんて言わずに買うもん。

燃費を重視する人が増えて、電気自動車も注目されてきているというのに、3リッターエンジンの車なんて売れるのかな…。いまどきパワーばかりあってもどうしようもないよね。

Offical: เปิดตัว All New Mazda BT-50 เครื่องดีเซล 3.0 190 แรงม้า กระบะ Kodo Design คันแรก

コメント

  1. 欲しいな、と思ったけど
    後ろの荷物が雨ざらしか…

  2. 燃費悪い車は総じて時代遅れ

  3. ほぼ トヨタのハイラックスだよな

  4. ピックアップトラック顔じゃないと思う
    上だけスーツ着て下は海パンみたいな感じ

  5. トラックまでマツダ顔だ
    見分けがつかないんだよなw
    この顔とっくに飽きているんだけどマツダ車ファンにとっては良いものなのかな?

    何だかんだ言って日本じゃ売らないモデルだから関係ないけど

  6. 中身はいすゞなんだね

  7. こういうの欲しいけど日本の狭い農道や私道は扱いづらくて軽トラかミゼット、デッキバンとかが選択肢になっちゃうんだけど中途半端に街中の兼業農家だと車殆ど使わないから1台で十分ってなるとシエンタとかで普段はシート倒して汚れ防止シートしきっぱなしとかで対応してる。車内に泥汚れ状態の犬や道具を載せるのは抵抗有るからホントはピックアップトラック欲しい。

  8. TOYOTAっぽい

  9. タイは日本と同じ左側通行の国

  10. 日本は左側通行で左側思想の国

  11. ちょっと変なデミオにしか見えん・・

  12. 大日本帝国万歳!